九月場所(秋場所)

大相撲令和元年九月場所(秋場所)番付発表!幕内の注目力士はこの2人!

九月場所(秋場所)番付

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

9/8(日)から大相撲令和元年九月場所(秋場所)が始まります。

日本相撲協会公式サイト

本日、8/26(月)に大相撲令和元年九月場所(秋場所)の番付が発表されました。

こちらの記事では、幕内の番付と注目力士をご紹介します。

大相撲令和元年九月場所(秋場所)幕内の番付

大相撲令和元年九月場所(秋場所)、幕内の番付はこちらです。

 西
鶴竜横綱白鵬
高安大関豪栄道
栃ノ心
御嶽海関脇貴景勝
阿炎小結遠藤
北勝富士前頭一碧山
逸ノ城前頭二朝乃山
大栄翔前頭三友風
玉鷲前頭四正代
千代大龍前頭五竜電
志摩ノ海前頭六妙義龍
琴奨菊前頭七琴恵光
隠岐の海前頭八宝富士
照強前頭九琴勇輝
佐田の海前頭十明生
阿武咲前頭十一炎鵬
松鳳山前頭十二大翔鵬
前頭十三錦木
剣翔前頭十四豊ノ島
石浦前頭十五東龍
豊山前頭十六栃煌山
貴源治前頭十七

休場により大関で2場所連続負け越しとなった貴景勝(たかけいしょう)が大関から陥落。

直後の場所で10勝をすれば特例で大関復帰となります。

他の大関では豪栄道(ごうえいどう)栃ノ心(とちのしん)の2人が九月場所(秋場所)で負け越すと翌場所大関から陥落する「カド番」で場所を迎えます。

先場所十両優勝をした剣翔(つるぎしょう)が嬉しい新入幕!

あびこ けんたろう 剣翔 桃太郎 (@S3cJx6gQWg4cy8Z)さんはTwitterを利用しています

石浦(いしうら)東龍(あずまりゅう)豊山(ゆたかやま)の3人が再入幕となりました。

大相撲令和元年九月場所(秋場所)幕内の注目力士

次に大相撲令和元年九月場所(秋場所)、幕内の注目力士を紹介します。

今場所は若手力士とベテラン力士1人ずつです。

連続勝ち越し記録更新なるか?友風

友風

入門以来勝ち越し続けている西前頭三枚目の友風(ともかぜ)

南友太(友風勇太) (@1202_yutayan)さんはTwitterを利用しています

七月場所(名古屋場所)終了時点で13場所連続勝ち越し中で、この記録は歴代2位タイ!

今場所勝ち越して連続勝ち越し記録を更新すると、記録上単独2位に浮上します。

上位と総当たりする西前頭三枚目という番付で勝ち越し記録を更新することができるか?

友風の相撲に注目です。

幕内の座を守れるか?栃煌山

栃煌山

ベテラン力士の栃煌山(とちおうざん)、今場所の番付は西前頭十六枚目。

数字上は負け越すと幕内から十両に下がる番付です。

平成19年(2007年)三月場所(春場所)から12年以上守り続けている幕内力士としての地位を守ることができるか?

是非とも勝ち越して幕内に留まってほしいです。

さいごに

大相撲令和元年九月場所(秋場所)、幕内の番付と注目力士を紹介しました。

言ってしまえばどの力士も注目力士ですが、その中で特に注目をしてほしいという意味合いで入門からの連続勝ち越し記録更新がかかる西前頭三枚目の友風(ともかぜ)と幕内残留を目指すベテラン力士の西前頭十六枚目栃煌山(とちおうざん)を注目力士として紹介しました。

両力士の活躍に期待しています!

大相撲令和元年九月場所(秋場所)は9/8(日)から始まります。

今場所も大相撲観戦楽しみましょう!!!

こんつま
こんつまアイコン
子供の頃から大相撲が好きな兼業主婦。2015年から国技館での観戦をスタートさせ、2017年からは地方場所や巡業へも足を運んでいます。 2022年も本場所現地観戦!場所中は大相撲最優先の生活。推し力士がどんどん増えていっています。