NHK

令和2年大相撲十一月場所、NHK大相撲中継の解説者と実況アナウンサーまとめ(十一日目〜千秋楽まで)

NHK大相撲中継アイキャッチ2

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

大相撲十一月場所が開催中です。

日本相撲協会公式サイト

おことわり:急な解説者交代により記事内容の変更が間に合わない場合があります。ご了承ください。

序盤と呼ばれる初日から五日目までの解説者と実況アナウンサーはこちらの記事でまとめています。

中盤と呼ばれる六日目から十日目までの解説者と実況アナウンサーはこちらの記事でまとめています。

▽大相撲力士をチェックするならこの1冊!(わたしも持っています)

上記力士名鑑の改訂版が9月に発売されました。こちらのほうが力士情報は新しいです。

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、テレビ放送の解説者と実況アナウンサー:十両

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、はじめに地上波・十両テレビ放送の解説者と実況アナウンサーから。

 解説実況アナウンサー
十一日目安治川親方太田アナ
十二日目小野川親方吉田アナ
十三日目富士ヶ根親方厚井アナ
十四日目押尾川親方沢田石アナ
千秋楽阿武松親方三輪アナ

十一日目の解説は元・関脇安美錦の安治川親方

安美錦竜児のオフィシャルブログ「けっぱれ安美錦」Powered by Ameba

十二日目の解説は元・北太樹の小野川親方

北太樹明義 – Wikipedia

十三日目の解説は元・小結大善の富士ヶ根親方

大善尊太 – Wikipedia

十四日目の解説は元・関脇豪風の押尾川親方

押尾川 旭 (元豪風)さん (@2zqFXRhmQOp33MC) / Twitter

千秋楽の解説は元・大道の阿武松親方です。

大道健二 – Wikipedia

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、テレビ放送の解説者と実況アナウンサー:幕内

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、続いて地上波・幕内テレビ放送の解説者と実況アナウンサーです。

 正面解説向正面解説実況アナウンサー
十一日目舞の海さん押尾川親方小林アナ
十二日目荒磯親方二十山親方沢田石アナ
十三日目北の富士さん立田川親方太田アナ
十四日目尾車親方稲川親方三瓶アナ
千秋楽北の富士さん舞の海さん佐藤アナ

十一日目の正面解説は舞の海さん

舞の海 秀平、舞の海カンパニー

向正面解説は元・関脇豪風の押尾川親方

押尾川 旭 (元豪風)さん (@2zqFXRhmQOp33MC) / Twitter

十二日目の正面解説は第72代横綱稀勢の里の荒磯親方

二所ノ関部屋公式ウェブサイト

向正面解説は元・小結栃乃花の二十山親方

栃乃花仁 – Wikipedia

十三日目の正面解説は北の富士さん

北の富士勝昭 – Wikipedia

向正面解説は元・小結豊真将の立田川親方

豊真将紀行 – Wikipedia

こんつま

取組の合間を利用して各段の優勝力士インタビューが行われます。

十四日目の正面解説は元・大関琴風の尾車親方

尾車部屋 公式ホームページ

向正面解説は元・小結普天王の稲川親方

元・普天王 稲川さん (@futenou_inagawa) / Twitter

千秋楽の解説はおなじみのお2人、北の富士さん舞の海さんです。

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、ラジオ放送の解説者と実況アナウンサー

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、ラストはラジオ放送の解説者と実況アナウンサーです。

 解説実況アナウンサー
十一日目北の富士さん厚井アナ
十二日目陸奥親方三輪アナ
十三日目高砂親方藤井アナ
十四日目荒磯親方吉田アナ
千秋楽二十山親方太田アナ

十一日目の解説は北の富士さん

北の富士勝昭 – Wikipedia

十二日目の解説は元・大関霧島の陸奥親方

霧島一博 – Wikipedia

十三日目の解説は元・大関朝潮の高砂親方

十四日目の解説は第72代横綱稀勢の里の荒磯親方

二所ノ関部屋公式ウェブサイト

千秋楽の解説は元・小結栃乃花の二十山親方です。

栃乃花仁 – Wikipedia

さいごに

令和2年大相撲十一月場所NHK大相撲中継、十一日目から千秋楽までの解説者と実況アナウンサーをまとめました。

終盤では優勝争い、そして来場所の番付予想が行われていきます。

優勝争いがおもしろくなることを期待しつつ、残り5日間もテレビやラジオでたっぷり大相撲観戦しましょう!

大相撲中継はNHKの他にインターネットテレビのABEMAでも行われています。

「ABEMA大相撲LIVE」の解説、実況アナウンサーについてはこちらでまとめています。

また、日本相撲協会公式YouTube「親方ちゃんねる」でも取組生解説が行われます。

こんつま
こんつまアイコン
子供の頃から大相撲が好きな兼業主婦。2015年から国技館での観戦をスタートさせ、2017年からは地方場所や巡業へも足を運んでいます。 2022年も本場所現地観戦!場所中は大相撲最優先の生活。推し力士がどんどん増えていっています。