十一月場所(九州場所)

誰が優勝する?大相撲十一月場所(九州場所)十二日目を終えての成績優秀力士まとめ

九州場所成績優秀力士

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

大相撲十一月場所(九州場所)は十二日目を終えて残り3日となりました。

日本相撲協会公式サイト

各段では優勝争いに絡む力士が限られてきました。

こちらの記事では、十二日目を終えた時点での成績優秀力士と展開される優勝争いについてまとめます。

大相撲十一月場所(九州場所)十二日目終了時点での成績優秀力士

幕内

11勝1敗:西横綱白鵬(はくほう)

9勝3敗:西小結朝乃山(あさのやま)、西前頭十枚目正代(しょうだい)

幕内は西横綱白鵬(はくほう)が11勝1敗で優勝争いの単独トップ、西小結朝乃山(あさのやま)と西前頭十枚目正代(しょうだい)が2差の9勝3敗で追う展開です。

出ればほとんど優勝をしている白鵬が優勝争いの単独トップに立っていることで、幕内は白鵬が優勝すると予想する人が多いことでしょう。

わたしも8割方そう思っています。

しかし!まだ諦めたくない!

あっさり決まらず、もう少しドキドキする展開を期待したいところです。

十両

9勝3敗:東十両三枚目勢(いきおい)、東十両五枚目魁聖(かいせい)、西十両七枚目琴ノ若(ことのわか)、西十両十枚目木崎海(きざきうみ)

十両は東十両三枚目勢(いきおい)、東十両五枚目魁聖(かいせい)、西十両七枚目琴ノ若(ことのわか)、西十両十枚目木崎海(きざきうみ)の4人が9勝3敗で優勝争いの先頭を走っています。

十三日目の3敗力士同士の取組は、勢-木崎海が組まれました。

魁聖と琴ノ若はそれぞれ違う力士との取組が組まれています。

1差の8勝4敗で5人が追っており、十両の優勝はこの9人のうちの誰かになると予想します。

幕下

6戦全勝:西幕下十枚目照ノ富士(てるのふじ)、西幕下五十一枚目對馬洋(つしまなだ)

幕下は大関経験者の西幕下十枚目照ノ富士(てるのふじ)と幕下上位の経験がある西幕下五十一枚目對馬洋(つしまなだ)の2人が6戦全勝。

十三日目に直接対決し、勝った力士が幕下優勝となります。

照ノ富士は勝てば十両復帰がほぼ確実。

応援に熱が入ります!

三段目

6戦全勝:東三段目二十一枚目元林(もとばやし)、東三段目四十六枚目北の若(きたのわか)、西三段目九十四枚目淡路海(あわじうみ)

三段目は東三段目二十一枚目元林(もとばやし)、東三段目四十六枚目北の若(きたのわか)、西三段目九十四枚目淡路海(あわじうみ)の3人が6戦全勝。

十三日目は元林-北の若、淡路海は序二段で全勝の村田との取組が組まれました。

淡路海が勝てば優勝決定戦、負ければ元林-北の若の勝者が三段目優勝力士となります。

元林は初土俵から勝ち続けて現在20連勝中。

連勝記録を21に伸ばし、3場所連続優勝をすることができるでしょうか。

序二段

6戦全勝:東序二段十六枚目村田(むらた)、東序二段五十六枚目北天海(ほくてんかい)、東序二段八十枚目千代虎(ちよとら)

序二段は東序二段十六枚目村田(むらた)、東序二段五十六枚目北天海(ほくてんかい)、東序二段八十枚目千代虎(ちよとら)の3人が6戦全勝。

十三日目は村田が三段目で全勝の淡路海と、そして北天海-千代虎の取組が組まれました。

村田が勝てば優勝決定戦、負ければ北天海-千代虎の勝者が序二段優勝力士となります。

怪我から復帰して先場所序ノ口優勝をした村田、元・貴ノ岩の甥である北天海、我が家の推し力士筆頭の宇良(うら)に勝利した、入門前からその姿を見ている千代虎。

序二段の優勝争いがいちばん気になります。

序ノ口

6戦全勝:西序ノ口十五枚目土佐緑(とさみどり)

序ノ口は西序ノ口十五枚目土佐緑(とさみどり)が6戦全勝。

十三日目は我が家の推し力士筆頭で怪我から復帰した西序二段百六枚目宇良(うら)との取組が組まれました。

土佐緑が勝てば序ノ口優勝、負けた場合は6勝1敗の力士(最大4人)による優勝決定戦が行われます。

さいごに

大相撲十一月場所(九州場所)、十二日目を終えた時点での成績優秀力士と展開される優勝争いをまとめました。

十三日目では幕下、三段目と序二段のどちらか、2つの階級で確実に優勝者が決まります。

各段の優勝者はNHK大相撲中継の幕内の時間帯でインタビューがあるので、本人の嬉しい声が聞けますよ。

残り3日となった大相撲十一月場所(九州場所)、ロスが怖いですがしっかりたっぷり盛り上がっていきましょう!