ABEMA

令和3年大相撲一月場所(初場所)「ABEMA大相撲LIVE」の解説者、実況アナウンサーまとめ(十一日目から千秋楽まで)

ABEMAアイキャッチ

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

令和3年大相撲一月場所(初場所)が開催中です。

日本相撲協会公式サイト

大相撲の中継は、NHK(BS、地上波)の他にインターネットテレビのABEMAでも行われています。

当ブログではNHK大相撲中継同様、「ABEMA大相撲LIVE」についても毎場所3回に分けて解説者と実況アナウンサーをまとめた記事を書いています。

こちらの記事では、終盤と呼ばれる十一日目から千秋楽までの「ABEMA大相撲LIVE」の解説者と実況アナウンサーについてまとめます。

初日から五日目までのまとめ

六日目から十日目までのまとめ

▽大相撲力士をチェックするならこの1冊!(令和3年版が発売されました)

「ABEMA大相撲LIVE」とは

「ABEMA大相撲LIVE」とは、インターネットテレビのABEMAが大相撲本場所開催中に行なっている生放送です。

2018年1月からスタートしました。

本場所中は大相撲チャンネル、スポーツチャンネルと合わせて2つのチャンネルで生放送、および再放送が行われています。

しかも、いちばん下の階級である序ノ口の取組から!

こんつま

現地観戦が13時からとなった今はファンにとってさらに強い味方になったよ!

ABEMAではリアルタイムでコメントを投稿することができ、ユーザー同士がコメントで会話することもあれば、放送中にコメントが読まれることもあります。

こんつま

ユーザー同士でのコメントの会話は見ているだけでも楽しいよ!大相撲の話はもちろん、食べ物の話やそのときの話題についてなど大相撲とはまったく関係ない話で盛り上がることもしょっちゅう(笑)

「ABEMA大相撲LIVE」を観る方法

「ABEMA大相撲LIVE」はABEMAのアプリをインストールするだけで簡単に観ることができます。

ABEMA(アベマ)

ABEMA(アベマ)

株式会社AbemaTV無料posted withアプリーチ

令和3年大相撲一月場所(初場所)「ABEMA大相撲LIVE」の解説者、実況アナウンサー

令和3年大相撲一月場所(初場所)、十一日目から千秋楽までの「ABEMA大相撲LIVE」の解説者、実況アナウンサーをまとめます。

実況および解説が行われるのは幕内のみとなっているため、幕内の時間帯のみまとめます。

  解説 実況アナウンサー
十一日目 武隈親方 高橋大輔
十二日目 中村親方 清野茂樹
十三日目 高橋大輔
十四日目 花田虎上 清野茂樹
千秋楽 花田虎上 清野茂樹

解説者

国技館で本場所が行われる場所の解説は平日は親方衆、土日は第66代横綱若乃花の花田虎上さんが担当します。

十一日目の解説は元・大関豪栄道の武隈親方

豪栄道豪太郎 – Wikipedia

十二日目の解説は元・関脇嘉風の中村親方

中村雅継/元 嘉風さん (@Yoshikaze319) / Twitter

十三日目の解説は元・玉飛鳥の熊ヶ谷親方

玉飛鳥大輔 – Wikipedia

十四日目、千秋楽の解説は花田虎上さんです。

第66代横綱若乃花 花田虎上オフィシャルブログ Powered by Ameba

実況アナウンサー

実況アナウンサーは、十一日目と十三日目が高橋大輔さん

髙橋大輔 Daisuke Takahashiさん(@daisuke_72) • Instagram写真と動画

十二日目、十四日目、千秋楽が清野茂樹さんです。

清野茂樹 オフィシャルウェブサイト

さいごに

令和3年大相撲一月場所(初場所)「ABEMA大相撲LIVE」十一日目から千秋楽までの解説者と実況アナウンサーについてまとめました。

「ABEMA大相撲LIVE」は序ノ口の取組から生中継してくれるので若手力士の取組が観られるし、ユーザー同士でコメント欄が盛り上がってそれを見ているだけでも楽しいし、独自のインタビュー映像で力士たちの素顔を垣間見ることもできる、NHK大相撲中継とはひと味違う目線で楽しませてくれる番組です。

令和3年大相撲一月場所(初場所)もABEMAで朝からたっぷり大相撲観戦しましょう!

ABEMA(アベマ)

ABEMA(アベマ)

株式会社AbemaTV無料posted withアプリーチ

十一日目から千秋楽までのNHK大相撲中継の解説者、実況アナウンサーについてはこちらの記事でまとめています。

また、日本相撲協会公式YouTube「親方ちゃんねる」でも取組生解説が行われます。

2021年の大相撲スケジュール、まとめています。

こんつま
こんつまアイコン
子供の頃から大相撲が好きな兼業主婦。2015年から国技館での観戦をスタートさせ、2017年からは地方場所や巡業へも足を運んでいます。 2021年は本場所を2場所観戦。場所中は大相撲最優先の生活。 推し力士がどんどん増えていっています。