三月場所(春場所)

[2018年]大相撲三月場所(春場所)番付発表!幕内の番付と注目ポイントを紹介!

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

3月11日から大相撲三月場所(春場所)が始まります。

26日に、大相撲三月場所(春場所)の番付が発表になりました。

さっそく、幕内の番付と注目ポイントを紹介します。

幕内の番付

大相撲三月場所(春場所)、幕内の番付はこちら。

  西
鶴竜 横綱 白鵬
稀勢の里 横綱  
高安 大関 豪栄道
御嶽海 関脇 栃ノ心
逸ノ城 小結 千代大龍
遠藤 前頭一 玉鷲
荒鷲 前頭二 宝富士
琴奨菊 前頭三 貴景勝
松鳳山 前頭四 正代
千代丸 前頭五 阿武咲
魁聖 前頭六 北勝富士
阿炎 前頭七 嘉風
前頭八 大栄翔
隠岐の海 前頭九 竜電
千代翔馬 前頭十 千代の国
栃煌山 前頭十一 豊山
石浦 前頭十二 琴勇輝
大翔丸 前頭十三 朝乃山
前頭十四 錦木
蒼国来 前頭十五 妙義龍
大奄美 前頭十六 英乃海
碧山 前頭十七  

先場所平幕優勝をした栃ノ心は西の関脇に番付が上がり、前頭上位で勝ち越した逸ノ城と千代大龍とともに三役に復帰しました。

また、新入幕で勝ち越し&三賞を受賞した阿炎竜電はともに前頭一桁の番付に。

前頭十枚目の千代翔馬と千代の国、前頭十四枚目の勢と錦木はそれぞれ同部屋の力士が並びました。

注目ポイント

では、幕内の注目ポイントを挙げていきます。

出場?休場?どうする横綱稀勢の里

やはり気になるのは5場所連続休場中の横綱稀勢の里。

力士プロフィール – 稀勢の里 寛 – 日本相撲協会公式サイト

正直言うと、「無理して出場した結果途中休場」という場面はもう見たくありません。

なので、怪我が治っていないのなら休場を選択してほしいです。

栃ノ心の勢いやいかに

西の関脇に番付を上げた栃ノ心は、場所後の大相撲トーナメントでも白鵬を撃破して優勝。

勢いそのままに三月場所も横綱大関陣を倒すのか注目です。

若手の巻き返しなるか

ここ数場所で活躍を見せている若手、貴景勝、阿武咲、北勝富士は先場所実力を出しきれず番付を落としました。

番付を落とした若手力士の巻き返しに期待しています。

もちろん、番付を上げた若手、朝乃山、豊山、阿炎といった若手力士の活躍も期待しています!

さいごに

今日は、大相撲三月場所(春場所)の幕内の番付と注目ポイントを紹介しました。

幕内だけではなく十両や幕下にも見どころがあるので別途記事にしたいと思っています。

大相撲三月場所(春場所)は3/11(日)から始まります!

日本相撲協会公式サイト