九月場所(秋場所)

間もなく大相撲九月場所(秋場所)番付発表!はじめて番付予想をしてみる。

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

来月、9月9日(日)から大相撲九月場所(秋場所)が始まります。

来週の月曜日、8月27日(月)に大相撲九月場所(秋場所)の番付が発表されますが、その番付発表を前に、幕内上位の番付、そして幕内と十両の入れ替え力士を予想したいと思います。

幕内上位の番付予想

まずは、幕内上位(前頭三枚目まで)の番付予想。

  西
鶴竜 横綱 白鵬
稀勢の里 横綱  
豪栄道 大関 高安
  大関 栃ノ心
御嶽海 関脇 逸ノ城
玉鷲 小結 貴景勝
前頭一 豊山
魁聖 前頭二 千代大龍
遠藤 前頭三 阿武咲

横綱・大関は動きがないと予想。

七月場所(名古屋場所)で優勝した西関脇御嶽海(みたけうみ)と東関脇で勝ち越した逸ノ城(いちのじょう)は、どちらが東関脇に座るのか悩ましいところですが、ここはやはり優勝した御嶽海が東関脇へ座るのではないかと予想しております。

予想が的中すると、逸ノ城は「勝ち越したのに番付が半枚下がる」という悲しい展開になってしまうのですが、成績からすると仕方ないかもしれません。

1枠空いた西小結には、七月場所(名古屋場所)を西前頭三枚目で10勝5敗と好成績で終えた貴景勝(たかけいしょう)が入ると予想します。

前頭の上位には先場所好成績だった力士が名を連ねると予想。

予想が的中すれば、豊山(ゆたかやま)は自己最高位の番付となります。

幕内力士と十両力士の入れ替え

幕内力士と十両力士の入れ替えは・・・

十両から幕内に上がる力士・・・琴勇輝(ことゆうき)貴ノ岩(たかのいわ)隆の勝(たかのしょう)

幕内から十両に下がる力士・・・荒鷲(あらわし)琴恵光(ことえこう)明生(めいせい)

3人の入れ替えと予想しています。

願わくば七月場所(名古屋場所)を西十両四枚目で9勝6敗という成績だったベテラン力士安美錦(あみにしき)も上がってほしいところですが、確実に下がる力士がいないので十両筆頭に留まるような気がしています。

ちなみに安美錦が幕内へ上がると、「再入幕最年長記録」が更新されます。

さいごに

大相撲九月場所(秋場所)、幕内上位の番付と幕内力士と十両力士の入れ替えについて予想してみました。

来週の月曜日に、番付が発表されます。

予想している番付がどのくらい当たっているのか、答え合わせが楽しみです。