七月場所(名古屋場所)

大相撲七月場所(名古屋場所)番付発表!幕内の番付と注目ポイントを紹介します。

当ブログでは力士名など敬称略で表記しております。ご了承ください。

7月9日(日)から行われる大相撲七月場所(名古屋場所)の番付が発表されました!

さっそく、幕内の番付と注目ポイントを紹介します。

幕内の番付

大相撲七月場所(名古屋場所)、幕内の番付はこちら。

  西
白鵬 横綱 日馬富士
稀勢の里 横綱 鶴竜
照ノ富士 大関 豪栄道
高安 大関  
玉鷲 関脇 御嶽海
嘉風 小結 琴奨菊
正代 前頭一 貴景勝
栃ノ心 前頭二 北勝富士
前頭三 遠藤
宇良 前頭四
千代翔馬 前頭五 栃煌山
逸ノ城 前頭六 阿武咲
貴ノ岩 前頭七 大栄翔
碧山 前頭八 石浦
徳勝龍 前頭九 隠岐の海
千代大龍 前頭十 松鳳山
千代の国 前頭十一 大翔丸
荒鷲 前頭十二 豪風
宝富士 前頭十三 蒼国来
佐田の海 前頭十四 琴勇輝
錦木 前頭十五 千代丸
臥牙丸 前頭十六  

先場所1年ぶりに優勝をした白鵬(はくほう)が東の正横綱に。

高安(たかやす)が大関に昇進し、大関が3名になりました。

前頭の上位は平成生まれが多くを占めており、一気に若返った印象です。

注目ポイント

では、幕内の注目ポイントを挙げていきます。

若手力士が上位総当たり戦に挑む

若手の貴景勝(たかけいしょう)北勝富士(ほくとふじ)の両力士が上位陣と総当たりする番付にまで上がってきました。

(前頭三枚目までが上位陣と総当たりする番付と言われております)

自分の相撲が上位陣にどれだけ通用するのか、今の実力を試すことができます。

先場所は千代の国(ちよのくに)千代翔馬(ちよしょうま)大栄翔(だいえいしょう)の3力士が初めての上位総当たりを経験し、見事に跳ね返されました。

過去にもほとんどの力士が初めての上位総当たりでは跳ね返されています。

しかし、勝ち越せば翌場所の三役(関脇、小結)昇進の可能性もある位置。

期待の若手力士が、上位陣相手にどのような相撲を取るのか注目です。

宇良の活躍やいかに?

夫婦で応援している宇良(うら)は、東前頭四枚目。

通常だと上位陣との対戦は組まれない位置ですが、上で休場者が出ると即座に対戦が組まれます。

また、成績が好調だと後半戦で組まれる可能性も。

宇良が上位陣と対戦するところが観たい!

そのためにも前半戦で白星をどんどん積み重ねてほしいです。

さいごに

大相撲七月場所(名古屋場所)、幕内の番付と注目ポイントを紹介しました。

夫婦で応援している宇良(うら)をはじめ、七月場所(名古屋場所)は若手の活躍に期待!です。

大相撲七月場所(名古屋場所)は7月9日(日)から始まります。

1日現地観戦する日があるのでとても楽しみにしています♪

[観戦記]大相撲七月場所(名古屋場所)四日目を愛知県体育館で観戦!藤井聡太四段も肉眼で確認!(写真多め) – 好きです!大相撲